argument,quarrel,dispute,spat,row 違いはある?どれもケンカとなるけれど・・・ - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

argument,quarrel,dispute,spat,row 違いはある?どれもケンカとなるけれど・・・

類義語のニュアンスや使い分けというのは本当に難しい(・_・)

昨日は些細な事で家族とケンカをしたことからargument, quarrel,dispute
spat, rowの違いが気になりだし考えてみることに・・・
日本語だと、ケンカ、口論、言い争いとどれも訳されるので、細かな違いや
使い分けが見えにくく、これらの単語に限らず類義語の違いや使い分けで
いつもつまずいてしまいます。

自分の感覚としてケンカの度合い(程度)を激しい?順に並べてみると
spat, argument, quarrel, dispute, row 
となんとなく捉えていた?!ものの確認してみると以下のような順番になりました。

DISPUTE=different opinion
意見の不一致、相違(この時点では意見や考えがお互いに違うという状況)
☆Japan and China are in dispute over islands.

ARGUMENT=disagreement
意見の不一致、相違(話し合いでの意見の相違がやや白熱した)
☆A final decision was made after some heated argument.

SPAT=shout words angrily
spit(ツバを吐く)の過去形、過去分詞形であることからツバを吐くように強い口調で言う
☆They have a spat with each other over something trivial.

QUARREL=angry disagreement.
ケンカ、仲違い、不和
☆She had a quarrel with him over money and they haven’t spoken since.

ROW=Loud argument or fight
口論、騒動(怒鳴ったり、悲鳴をあげたりするような)
☆My parents often have rows, so I am worried they are going to get divorced.

もちろん、使う人や状況によって前後したり、ケンカにあたる単語は他にもあると思い
ますが、大まかな程度の違いを知っておくと便利で面白いと思います(*’ω’*)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/91-05888c0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。