CALL THE SHOTS / 仕切る、采配を振る - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CALL THE SHOTS / 仕切る、采配を振る


英語には、数えきれないほどのイディオムがあります。

字面からその意味を推測し難いのがイディオムの特徴とも言えますが、
え~そんな意味なんだ(^o^)!と意味を知ったときの衝撃にも似た感覚
を覚えるのがイディオムの面白さではないかと思います。

また、イメージしやすいものもたくさんあり、
ネイティブの会話を聞いもイディオムがごく自然に使われているのに気づきます。


call the shots は、仕切る、采配を振るという意味で、ビジネスでも使われます。


The general manager seemed to be calling the shots during the meeting.

Who is calling the shots on this project?


ビジネスの会議やプロジェクトで、率先して仕切る様子が浮かびます。


あれこれ指揮をとりたがる人がいたら、

She always wants to call the shots because she likes the limelight.

のように表せます。

limelightは、脚光、注目の的という意味で、like the limelightで目立つのが好きとなります。

What would you do when you need to call the shots?
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/8-824b2409

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。