HAVE NO CHOICE BUT+不定詞 ~せざるを得ない/CAN'T HELP ~ING - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAVE NO CHOICE BUT+不定詞 ~せざるを得ない/CAN'T HELP ~ING

~するより仕方がない、~せざるを得ない、という意味でよく使われる
HAVE NO CHOICE BUT ~But のあとには不定詞が続き【TO + DO】の形が続きます。

似たような表現に
CAN NOT HELP ~ING や、CAN NOT HELP BUT DOがありますが
一方はHELPの後に【動名詞】、もう一方はHELP BUT ときたら【動詞の原型
が続く点に注意が必要です。

☆I don’t like being stuck into the train, but I have no choice but to endure it.

という例文でみると接続詞but 以下は I can not HELP endurING it. / I can not
HELP but ENDURE it. に置き換えることもできます。

日々の通勤電車の混雑で心身共にヘトヘトになっているので(>_<)常に思っていることを
例文にしてみたのですが・・・

ここでのendure it はまた別のイディオムでgrin and bear it (状況を受け入れ不平を言わずに耐える)
と表現したり、see it through to the endと表現してもOK!

1つの表現をするのに少なくても3パターンくらいの英語がすんなり浮かぶように
いろいろな引き出しをどんどん増やしていけたらいいな~と思います(^_^)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/33-a8baa9f6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。