危険な、危ういを意味するdangerous/precarious ニュアンス違いについて - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な、危ういを意味するdangerous/precarious ニュアンス違いについて

DANGEROUS vs PRECARIOUS

precarious⇒precariousについて

precariousは状況などが危うい、不確かな、不安定なという意味の形容詞でしたが、危険なという
意味でもっとも馴染みのあるdangerousとの違いを思いながらも、その違いをハッキリと示すことが
出来ずに今に至っています(´・ω・`) 
ぼんやりとですが感じていることは、precariousは主に物質的、身体的に危うい状態を表すのに用いられる他、
経済や人間関係などにも用いられ、dangerousは危害や損害を与えるような危険さ、を表していて
precariousの意味する“危うさ”とは違うということなのです。

precarious, dangerousともに類義語となっているので、もちろん両者ともOKという場合もあると思います。
なので違いを断定するのは難しいのですが、多少ニュアンスの違いがわかれば〜と例文を挙げてみます。

・This area is dangerous, therefore you should not walk alone late at night.
(この地域は危ないので夜遅くに一人で出歩くべきではない)

・Residents in this area had to stay inside because some extremely dangerous prisoners
escaped from prison and were on the run.
(極めて危険な囚人が刑務所から脱走し逃走中なのでこの辺りの住民は家から出られなかった)

・Our relationship is precarious because we have been living separately for a long time and
now I don’t feel any affection towards him.
(長い間別々に暮らしていたので私たちの関係は危ういが今や彼に対してなんの愛情も感じない)

・He is earning a precarious living as self-employed, but he would like to get stable because he has a fiancée.
(彼は自営なので不安定な収入で生活しているが、婚約者がいるので安定したいと思っている)

precariousとdangerousの共通点や違いをもっと知りたいのでどなたか教えて頂ければ〜
と思います(*’▽’)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/270-422d085d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。