SENSE vs SENSATION  どちらも≪感覚≫って意味になるけど違いって?! - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENSE vs SENSATION  どちらも≪感覚≫って意味になるけど違いって?!

あれこれ疑問を抱いてばかりで前に進めないでいるのですが
これも以前からずーと気になっていることのひとつ。

SENSE vs SENSATION

『感覚』といえば、断然senseで、sensationとなると『大好評』という意味なのは
よく知られていますが、sensationにも『感覚』という意味があり両者の違いをついに
先日発見したのでここでシェアしたいと思います。

結果からいうとsenseはより感覚的・知覚的なもので、sensationはより物質的な感覚。

SENSE---emotional or mental
SENSATION---physical

1. I had a sense of being watched, so I run off.
(監視されている感じがしたので、走り去った)

2. I had a sensation of pins and needles in my feet.
(足にピリピリとしたしびれを感じた)

3. I felt a nasty, sticky sensation as I reached into the kitchen.
(台所に近づくにつれ、イヤなべとべとしたものを感じた)

4. I felt a sense of disapproval: she was always making a mess and never cleaning things up.
(非難したい気持ちになった。彼女はいつも散らかし放題で一度も掃除をしたことがないんだから)


スリッパを履いていて何かを踏んでベトベトすることってありますよね?!
ジャムやソースなど手や口の回りについてベトベトしたり・・・こうした場合
は実際に物質的な感覚になりますのでsenseよりはsensation!

辞書で単純に意味を調べると同じ言葉になり違いがわからないことも多いのですが
やっぱり違いや使いわけを知るとぐっと英語も楽しくなりますね(*^_^*)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/261-46d6f0e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。