PART OF THE FURNITURE⇒目立たないもの、古株、ありきたりのもの・・・って意味?! - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PART OF THE FURNITURE⇒目立たないもの、古株、ありきたりのもの・・・って意味?!

新しい事を始めたり、新しく物を手にしたりすると最初は誰でも新鮮に感じるものです。
ところが、時間が経つにつれ、最初に感じたような感覚は次第に薄れていき・・・
気にも留めなくなるなんてことはよくあることですね。

自然の流れといってしまえばそうなのですが

そんな状況を表現するのに使えるのが
PART OF THE FURNITURE

☆I worked for the company for so long that I felt I had become part of the furniture and
I was no longer interested in my work and left out of the blue.
(私は会社にとても長く勤めたのですっかり古株になったと感じたので、もはや仕事に興味がなくなり突如辞めた。)

これってまさに私が思っていることなのですが^_^;

自分としてもマンネリ化していて周囲からみても私はこれといって目立つこともなく

つまりPART OF THE FURNITURE⇒“よくあるもの、目立たないもの、古株”の意味。

a1180_012220.jpg

・The temple is very beautiful but it became part of the furniture for us because we live nearby.
(そのお寺はとても美しいけど、私たちにはもうありきたりのもの。なぜってお寺の近くに住んでいるから)

この表現はどちらかというとネガティブなニュアンスを持つようですが、文脈によっては
どういう表現でもポジティブにもネガティブにもなりうると考えていますので

ちょっとポジティブなニュアンスで例文を作ってみますと

・My parents have been together for more than 40 years and my mother is part of the furniture
because my father is so comfortable with her.
(私の両親は40年以上も連れ添っていて、父は母といるのがとても心地良いので母はなくてはならない人です。)

PART OF THE FURNITUREを直訳して考えると、『家具の一部』ですので、
家具の一部となるほど“溶け込んでいて目立たない、目新しくない”というネガティブな意味と、
“溶け込むほど自然体な、熟練した”というポジティブな意味の両方で使えると個人的には思っています。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/259-74c0358f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。