spare no effort:努力を惜しまない/have an ax(e) to grind:腹に一物ある  - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

spare no effort:努力を惜しまない/have an ax(e) to grind:腹に一物ある 

本日は2つのフレーズのご紹介(*^_^*)
一つ目は
SPARE NO EFFORT=to do everything you can
spare no effortは“努力を惜しまない、労を惜しまない”という意味。

・The police will spare no effort in looking for the missing child.
(警察は行方不明の子供を探すのに全力を尽くすだろう。)

・The boss is in a bad mood with you. I think you’d better spare no effort in your task.
(ボスは君に関して機嫌が悪いよ。仕事に労を惜しまないのが身の為と思う。)

・We will spare no effort in meeting customer’s needs.
(顧客ニーズを満たすのに努力を惜しみません。)

労を惜しまず目標に向かって努力する、って前向きな表現で気に入っています。
どんどん?!使っていきたいと思います(*^_^*)

2つ目の表現は
HAVE AN AX(E) TO GRIND=have a personal reason for something or a complaint about something.

have an ax to grindは“腹に一物ある、言いたい事がある、利己的な意図がある”という意味。

・I have an ax to grind with Cathy. I’ll see her later.
(キャシーに言いたいことがあるの。後で彼女に会うつもり。)

・This book is not accurate. I think the author had an axe to grind with the royal family.
(この本は正確じゃない。著者は王室に個人的な思惑があったと思う。)

have an ax(e) to grind のax自体は“斧”の意味で、axはアメリカ綴りで
axeはイギリス綴りとなっています。

似たような表現に【have a bone to pick】があります。
“文句がある、言いたい事がある”という意味でI have a bone to pick with you.
でちょっと話がある、言いたい事があるというフレーズになります。

職場でも日常生活の場でも案外使える表現ではないかと思います。
これって違う!とか少々イラっと来てひとこと言わせて!となる時
は考えてみると結構ありますので^_^;

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/252-40f891fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。