IRONY vs SARCASM どちらも皮肉というけれど~違いと使い分けについて考える - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRONY vs SARCASM どちらも皮肉というけれど~違いと使い分けについて考える

sarcasmironyの違いって何だろう?!(゜_゜)
これまたかなりの長きに渡って引っかかっていた疑問です。

日本語にするとどちらも「皮肉」で終わってしまうので違いや使い分け
が本当に難しい((+_+))

過去に何回かネイティブにも聞いたことがあったけれど、結局よくわからず
じまいで有耶無耶になってしまっていました。

ネイティブでもironyとsarcasmの使い方を混同しているとか
違いを説明するのはかなり難しい、なんて聞いたことはあるけれど
無意識に使い分けが出来ているというか、その感覚が自然に身についている
のがネイティブなわけで、その感覚を知りたいと違いがやはり気になるところです。

ネットで調べてみると
SARCASM SOCIETYというサイト⇒IRONY VS SARCASM

the difference between irony & sarcasmというまさに探していたタイトルがあったので
この部分を読んでみます。

For many, the distinguishing the difference between irony and sarcasm has become incredibly difficult to explain. Many maintain that the defining difference between the two terms lies in the idea that Irony can be involuntary, while sarcasm is deliberate.

多くの人にとって、ironyとsarcasmの違いを区別するのは非常に説明し難いことになっ
ている。この2つの言葉の違いの定義は、ironyは思いがけない不本意のものであり、
Sarcasmは故意の、意図的なものという考えにあると多くは断言している。

Irony, generally speaking, can naturally occur in both language and circumstance;
one experiences irony when the opposite of an expected situation or idea occurs. In essence,
an individual does not need to go out of their way to experience an ironical situation or idea,
they can occur naturally.


Ironyとは一般的に言えば、言語と状況の両方の点で自然に起こり得る。予期していた状況
や考えと反対のことが起こる時、人はironyを経験する。要するに、ある個人がironyな状況
や考えをわざわざ経験する必要はなく、それらは自然に起こり得るのである。

Sarcasm, for its part, can make use of irony to make an observation or remark
about an idea, person or situation. Sarcasm is generally intended to express ridicule or reservation of an expression or idea. Because of this, sarcasm tends to find more broad usage than irony.


Sarcasmとしては、ある考えや人、状況に対して意見を述べるのにironyを活用することもある。
Sarcasmは概して、ある表現や考えに関し嘲りや疑念を表す意図がある。
このため、sarcasmはironyよりもより広く使われる傾向にある。

違いがもっとも端的に示されているのはironyがinvolunatryでsarcasmがdeliberate
だということでしょうか。そしてsarcasmについてはironyの要素も含むということで
場合によっても両者が当てはまることもあるらしいのです。ironyといえる背景を受けて
sarcasmな言動をするような事だと思いますが、この点については正直私もよく理解できて
いませんのironyとsarcasmの違いにポイントを置くことにします(^^;

Ironyとsarcasmを区別するもののひとつとして、ironyは客観的状況に、
sarcasmは当事者同士の言動が挙げられます。

ironyといえる状況ですが、例えば現状品薄のバターですがそのバターを買いに
あちこちのスーパーを探し回ったけれど、結局見つからず、家に帰ったら冷蔵庫
にあったというような場合。皮肉なもので家にあったの忘れてたんだよね(-_-)
といった具合です。

Sarcasmについては、骨折して病院に入院している友人を見舞い、大丈夫?と聞いた
ところ、骨折してとっても嬉しい!と言われた場合などです。本心とは逆の事を言って
皮肉っています。

Ironyは意図せずに自然のなりゆきで予想していた事と正反対の事が起き、それを客観的
に見て表現することで、誰に対する皮肉というわけではありません。
Sarcasmは本心とは正反対の事を言って相手を嘲ったり、ユーモアとしてキツイ冗談をいって
自分が苛立っていることを示し、皮肉くる相手や対象があります。


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/247-95aa50c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。