COURTの動詞の意味~(悪いことなど)を招く~ - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COURTの動詞の意味~(悪いことなど)を招く~

なにげなく見ていたある一文。“裁判”でインプットされているcourtが、いつもの
裁判の意味ではないみたい((+_+)) 

そうcourtが動詞として使われておりその意味は(よくない事を)招く

もともと名詞としてのcourtが数えられる名詞なのか、数えられない名詞なのかを
調べていたのですがふと動詞に目をやり、この意味に遭遇しました。
この動詞としてのcourtの意味を全く知らなかったのでついつい記憶に
留めるためにもここに記しておきます。

Oxford Learner’s Dictionariesで確認してみると

COURTto do something that might result in something unpleasant happening
例文⇒As a politician he has often courted controversy.

フォーマルな言い方でinvite something badとありました。

“政治家として彼はしばしば論争を招く“という例文から、確かに政治家など
人の上に立つ人って何かと物議を呼ぶことが多いもの。
court disaster, court danger,がコロケーションとしてよく使われるようです。

次いでLongmanで確認してみると
To have admiited this would have courted political disaster.
という例文が。。。

“これを認めていたら政治的惨事を招いていただろう”と意味はなんとなく
分かるのですが、仮定法過去完了で出てくる構文【would +have +過去分詞】
が完了不定詞と同時に使われ、かつ完了不定詞が主語になっている文をあまり
見たことがなかったので、動詞courtよりも完了不定詞の主語としての使い方
に関心が向いてしまいました^_^;

自分としてはすぐに浮かばない構文なので、今度主語として用いられる
完了不定詞について調べてみようと思います。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/230-e7332165

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。