同格のOF?!混同しやすいOFの使い方にちょっと注意が必要です・・・ - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同格のOF?!混同しやすいOFの使い方にちょっと注意が必要です・・・

Our staff of Sasaki…

メールのやりとりでまたまた気になってしまった一節。
このシンプルかつ短い一節に考える事が2つ。
まず書き手は「こちらのスタッフであるササキさんが~」と伝えたいのが
ササキさんのスタッフ、とササキさんの元で働いているスタッフであるかの
ように受け取れます。

書き手は同格のOFと混同しているようで、前も同じようなメールをみて
(゜.゜)あれっ?と思ったので確認してみたのですが、よくある間違いやすいOFの使い方だと思います。

関連記事~間違いやすいOFの使い方~

また、staffは基本的に集合名詞なのでスタッフ、社員全員を示していて
日本語のスタッフのように一個人のスタッフ(社員)を言うときに用いられません


個人のスタッフを言う時は a member of staffとなります。

今回のメールの場合もSasaki, a member of our staff…
となれば、書き手の伝えたいササキさん=スタッフであることがわかります。

例えばofの後に会社名などがきてour staff of ABA companyとなるとABA companyの
スタッフ(社員)というのは自然と解釈できますね。
of は所属を表すのでofの後に個人名がくると何か属している感があり、
staff=Sasakiさんとは解釈し難いよう思います。

Staffは集合名詞であること、同格のofとの混同について気付かされる一節でした。

私も日々間違いだらけですが、再確認と新発見を繰り返しながらより多くの事を学んで
いきたいですね(*^_^*)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/227-eba9712d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。