DOOM AND GLOOM ⇒先行き真っ暗、希望が持てない!? - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOOM AND GLOOM ⇒先行き真っ暗、希望が持てない!?

=DOOM AND GLOOM=

なにやら音の響きからもどんよりしそうなこの表現、どこかで聞いたことのあるような・・・( ;∀;)

doomもgloomも名詞でそれぞれの意味はdoom=deathgloom=darknessを表す単語です。

a1130_000028.jpg

この2つが組み合わさって“先行きが暗い、希望が持てない”など
doom and gloom=negativity(悲観的、否定的なもの)を示し、【all doom and gloom
でよく使われます。

☆She is such a pessimist. She’s been all doom and gloom for years.

☆This news is all doom and gloom, so I’d rather watch dramas.

☆Not to be all doom and gloom, but all of the data has just gone.

doom and gloomは個人的に日本語に訳し難く、自分でも本当にザックリとしたところで
“暗くマイナスなもの“として文意を捉えています。

“not to be all doom and gloom”は、「こんなこと(悪い知らせ)を言いたくはないけれど」
というような意味になり、the bearer f bad news(悪い知らせを伝える人)、つまり
I don’t want to be the bearer of bad news(悪い知らせを伝える人にはなりたくないが⇒
こんなことは言いたくないけれど)と同じように使われ、相手に気を悪くしないで聞いてね、
というニュアンスで何か良くない内容を言う際の前置きとして使われます。

Not to be all doom and gloom, but ・・・で覚えるとよいと思います(^^)

doom and gloomなニュースが最近は特に多いように感じ、将来がdoom and gloomに
感じられる事もありますが、いつでもstay positiveでいたいですね~(*’ω’*)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/218-83825126

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。