GLOSS OVER/WHITEWASH・・・どちらも都合の悪い事を隠す、うわべを飾るという意味だけど違いって - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLOSS OVER/WHITEWASH・・・どちらも都合の悪い事を隠す、うわべを飾るという意味だけど違いって

都合の悪い事などうまく言い逃れる、誤魔化すという意味といえば頭にあるのが
gloss over とwhitewashの2つ。

薄らと意味は覚えているけれど、この2つの違いを確かめようとかなり時間が過ぎていました( ;∀;) 
これ以上先延ばしは~と思いここで確認してみます。

違いを確認するにはまずは英英辞典、ということで
Longmanをチェックしてみると

gloss over⇒to avoid talking about something unpleasant, or to say as little as possible about it.

気に障ること、不都合な事に触れるのを避けたり、極力それについて話さないようにすること。

Glossはリップグロスの意味からも“光沢をつける”
間違いなどをカバーして表面だけはキレイに取り繕うようなイメージです。

一方のwhitewashですがLongmanでは

whitewash⇒to hide the true facts about a serious accident or illegal action.

重要なアクシデントや不法行為についての事実を隠すこと。

英辞書の定義で見ると、gloss overとwhitewashの違いを感じることが出来ます。

文字通り“水しっくいを塗る、白く塗る”ことからうわべを飾る、悪事などを
完全に塗りつぶすイメージ。

どちらも都合の悪い事を誤魔化すという表現としてぼんやりと覚えていたので
違いをよく認識していなかったのでここで調べてみたというわけですが、どうやら
whitewashの方が修正液で白く塗りつぶし完全に(悪事などを)見えなくする感じ
からかgloss overに比べ強いニュアンス
があるようです。

gloss over普段の日常的な場面で使われ、whitewashはどちらかというと政府や権限の
ある人々において使われる傾向にあります。

◇He ties to gloss over the gap in the budget.

◇The government tries to whitewash war crimes that were committed during the second world war.

Gloss over/ whitewashともに何か悪い事を隠すために人を欺くネガティブな
意味を持つ表現です。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/202-787d7807

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。