A SLAP ON THE WRIST/ 軽く叱る、ゆるい罰で済む - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A SLAP ON THE WRIST/ 軽く叱る、ゆるい罰で済む

イディオム=a slap on the wrist=のご紹介(‘◇’)ゞ

そのまま直訳すると“手首を軽く叩く”となり
そのイメージ通りで捉えやすいと思いますが、「軽く叱る、ゆるい罰」の意味。

■□ A SLAP ON THE WRIST=a light punishment □■

☆She stole some money when she was a child but she got a slap on the wrist.

☆He got a slap on the wrist for chatting in class.

☆His father just gave him a slap on the wrist when he came home late at night.

本当ならばもっと厳しく叱られて当然であるのに、軽く済んだ、という意味
があるので、結果としてこうなったという場面で使いやすい表現です。

例えば、I will give you a slap on the wrist if you don’t do this straight away.
の場合、”a slap on the wrist”を使って言うとすると、おかしな表現になってしまうので
少し注意が必要です。

もともと、“これを今すぐにやらないと、軽く叱るよ!”という事自体が不自然
ですが(^^; 

イディオムを覚えた時って、実際に使えるようにそのイディオムを組み込んだ文章を作って
みたりするのですが、そのイディオムの持つニュアンスと使い方をしっかり捉えていないと、
文型的には間違いではないものの、不自然な意味の文になってしまうことがしばしば( ;∀;)

Will you give a slap・・・だと、叱るけど軽くだから大丈夫、と叱る相手に最初から
伝えるというのも考えてみれば可笑しな話です(^^;

この場合はa slap on the wristを用いるよりも
I will punish you! と言う方が自然で全体的な意味をしっかり考えて文を作らないと!(>_<)
と思わされるイディオムのひとつです。

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/159-1f9e08ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。