most, almost 似ているけど、違いや使い分けを確認してみる - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

most, almost 似ているけど、違いや使い分けを確認してみる

most of theとかalmost all とかmost~など似たような意味で使われるこれらの
言葉に混乱してしまうことがよくあります。

分かっているようで実は分かっていなかったmost, almostについて大まかに
だけど改めて見直してみることに(・_・)

MOST量、程度、大きさにおいて大部分を占める、最大となる、の意味の決定詞。
Mostの後には名詞や”of the”が続く。

Most of the teachers are experienced.
Most children like sweets.

a0790_000257.jpg

☆My most favorite Japanese food is shushi.
☆Today I went out for dinner, though most of the time I eat dinner at home.

MOST OF THE+名詞となる場合は、ある特定のものを示し、その中において
大部分の人(もの)がとなります。

ALMOST全てではないが、ほぼ全てに近い、という意味の副詞。
Almostには、数や数量詞を表す言葉が続くことが多く(ex. 80% or all)、almost
all の形で続くのはof theであり、”almost of 名詞” や”almost the” とはならない。

Almost all of the companies will take part in the competition.
☆We almost met the deadline.
☆They are almost there.
Almost all of the staff were made redundant in the resulting cuts.

Most, almostも“ほどんどの~、大部分の~”という意味でどの程度の差があるのか
目安としてもハッキリ表すのが難しいのですが、
ALLを100%とすると
次に来るのがALMOST ALL
その次に来るのがMOST
という感覚でしょうか?!(*^_^*)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/154-bb0567da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。