PROHIBIT vs FORBID どちらも禁止する、だけど違いや使い分けは?! - つれづれに楽しむ英語学習帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PROHIBIT vs FORBID どちらも禁止する、だけど違いや使い分けは?!

【禁止する】といえば真っ先に思いつくのがprohibit と forbid.
Prohibit とforbidの違いについて

The new law prohibits smoking in public places.
The new law forbids smoking in public places.

上記の例文では、prohibit、forbidともに“新しい法律では公的場所での喫煙を禁じている”
という意味ですね。

a0006_001868.jpg

両者ともに「~するのを禁ずる」という意味で基本的にはあまり違いはないようですが、
どちらかというとprohibitの方が法律に関する内容や法的効力のあるような場合で
用いられることが多いようです。forbidよりも硬く強めのニュアンスが感じられます。

◎The school rules forbid chewing gum in class.
◎As a child, my father forbade me from crossing the street without him.
◎The rules clearly forbid taking your mobile phone into the meeting room.
◎There is a law prohibiting chewing gum in Singapore.
◎I’ve heard that smoking is prohibited in many places here and I don’t get into trouble
on our first night of our holiday.
◎We are prohibited from drinking alcohol here.

幼い頃に、道路を渡る時父と手をつながないと叱られたこと、とてもなつかしい(^_^;)
ですが、こうした経験ってよくありますよね?!

基本的にはprohibitもforbidも同じですが、端的に違いを捉えるとすると
prohibitが法的な禁止を表すことが多くforbidは個人的、私的に禁止するような時に
使われるというのがポイントです(^_^)

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://englishenlightenme.blog.fc2.com/tb.php/105-93c2315f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。